2018.10.13

アザール、キャリアにおける“後悔”を語る「モウリーニョが解任された時…」

エデン・アザール
キャリアにおける後悔を語ったチェルシーのアザール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が13日に伝えている。

 モウリーニョ監督は2004-07、13-15シーズンの2度に渡ってチェルシーを指揮。14-15シーズンにはプレミアリーグとリーグ・カップの2冠を達成し、輝かしい成績を残した。しかし、15-16シーズンは深刻な成績不振によりシーズン途中で解任された。

 アザールは2012年にチェルシーへ加入。6年連続でリーグ戦30試合以上に出場。2014-15シーズンからは背番号「10」を背負い、チームに多くのタイトルをもたらした。

 順調にキャリアを積んでいるアザールだが、モウリーニョ監督の元で過ごした最後のシーズンは「楽しくなかった」と告白。しかし、同監督の解任を後悔していると語った。

「プロデビューしてからの12年間で、1度だけ思うようにいかないシーズンがあった。それはモウリーニョ監督との最後の半年間だよ。その時期は楽しくなかったんだ。試合に勝てなかったし、練習も楽しくなかった」

「あのシーズンが上手くいかなかった責任は僕にもある。タイトルを獲得した後、彼に休暇の延長をお願いしたんだ。その休暇から戻ると、調子を悪くしてしまった」

「モウリーニョ監督が解任された時、彼に『残念だ』とメッセージを送った。僕たちはもっとタイトルを獲得できたはずなんだ。悪循環に陥っていただけだ」

「僕のキャリアにおいて、後悔していることはほとんどない。だが、チェルシーでモウリーニョ監督と再び仕事ができないことは残念だ。一緒に仕事をしたい監督は誰かと質問されたら、僕はモウリーニョ監督だと答えるよ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング