2018.10.11

アストン・ヴィラのコーチに就任したテリー「監督になる野望はある」

ジョン・テリー
アストン・ヴィラのアシスタントコーチに就任したテリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アストン・ヴィラのアシスタントコーチに就任した元イングランド代表DFジョン・テリーが、将来は監督になる野望があることを語った。10日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 テリーは今月7日に現役引退を表明。U-23チームの監督としてチェルシーに復帰する可能性も伝えられていたが、選手時代の最後を過ごしたアストン・ヴィラのアシスタントコーチ就任を選択し、指導者としての第一歩を踏み出した。

 かつてイングランド代表でチームメイトだったスティーブン・ジェラード氏はスコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズで、同代表やチェルシーでもチームメイトだったフランク・ランパード氏はチャンピオンシップのダービー・カウンティで、現在それぞれ監督を務めている。

 彼らのような道にいきたいかと聞かれたテリーは、「第2の人生の準備はできている。将来どうなるかは見ていこう。選手として成功した半分は成功したらいいね」と意気込みを語ると、次のように続けた。

「フランクは素晴らしい友達だ。この間会ったりもしたよ。長い目で見たら、監督になる野望と希望は持っている。でも、そうなるには時間をかけなければいけない。私にとってはそれが一番重要なことだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る