2018.10.11

逆転勝利の裏で…マンU、ニューカッスル戦の同点弾で11億円超を支払う

マルシャル
ニューカッスル戦で同点弾を決めたマルシャル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 6日に行われたプレミアリーグ第8節で、マンチェスター・Uはホームにニューカッスルを迎え、3-2で逆転勝利を収めた。この試合では76分にマンチェスター・Uのフランス人FWアントニー・マルシャルが同点ゴールを決めたが、これにより同クラブは770万ポンド(約11憶4500万円)の支払いが発生したという。イギリス紙『デイリーメール』が10日付で伝えた。

 同紙によると、マンチェスター・Uは2015年夏にモナコからマルシャルを獲得した際、「2018-19シーズン終了時までにマルシャルがプレミアリーグで25点決めた場合、770万ポンドをモナコに支払う」というボーナス条項を設定していた。そして、ニューカッスル戦でのゴールが、マルシャルにとってちょうどプレミアリーグでの25点目に。これにより、ボーナス条項が発動され、マンチェスター・Uは追加の支払いが必要になったということだ。

 マルシャルは移籍1年目の2015-16シーズンにいきなりリーグ戦11得点をマーク。2016-17シーズンは4得点と苦しみ、2017-18シーズンも9得点と移籍1年目の成績は超えられず。なお、2017-18シーズンは今年1月の9点目以降ゴールがなく、ボーナス条項を充足する25点目まではかなりの時間を要したことになる。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る