2018.10.09

開幕7戦連発のFWピョンテク、すでに争奪戦が勃発か…バルサやプレミア勢が興味

クリシュトフ・ピョンテク
開幕7試合連続ゴールを挙げたピョンテク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 7日のパルマ戦で開幕から7試合連続ゴールを記録したジェノアのポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクに複数のクラブが興味を示しているようだ。イギリスメディア「トークスポーツ」が8日にイタリア紙の報道を元に報じている。

 ピョンテクにはバルセロナが興味を示しているようだと先日イタリア紙などで報じられていたが、同メディアによるとマンチェスター・Cやトッテナム、リヴァプールなどプレミアリーグのクラブも獲得に関心を持っているようだ。今夏350万ポンド(5億円)の移籍金でピョンテクを獲得したジェノアは同選手の移籍金として2300万ポンド(約34億円)を要求している模様。

 ピョンテク本人は、「バルセロナが僕を獲得したいという報道があったけれど信じていないよ。今夏は移籍する必要があると思ったけど、まだ2ヶ月間プレーしただけだから来年のことはまだなんとも言えないよ」とコメントしていたようだが、去就はすでに注目され始めているようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る