2018.10.01

サッリ監督、復活を果たしたD・ルイスは昨季「少し混乱していた」

ダヴィド・ルイス
今季は主力として活躍しているD・ルイス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、今シーズン復活を果たしたブラジル代表DFダヴィド・ルイスについて語った。10月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 D・ルイスは2016年夏にチェルシーに復帰。アントニオ・コンテ前監督が就任した1年目のシーズンは主力として活躍し、プレミアリーグ制覇に大きく貢献した。しかし、昨シーズンはひざの負傷もあり、コンテ前監督の構想外となったことで、シーズン後半戦は出場機会が得ることができなかった。サッリ監督が就任した今シーズンは、プレミアリーグ第7節終了時点で全試合にフル出場し、再び主力として活躍している。

 今シーズン、主力として起用しているD・ルイスについて聞かれたサッリ監督は、昨シーズンの状況を振り返りつつ、次のように称賛した。

「2年前のシーズン、彼は主力だった。しかし、6カ月前は全くプレーできていなかったんだ。だから、彼は少し困惑していた。彼は直接的な人間だ。監督に何か言いたいことがあれば、私に言って欲しい。私は直接来る人が大好きだからね」

「私がここ(チェルシー)に来て、すぐに彼は素晴らしい選手だと思った。なぜなら、彼は素晴らしい技術力を持ったセンターバックだからだ。私が望むサッカーをするためには必要だと思った。そして、彼は素晴らしい人間であることにも気づいた。以前私が思っていたよりも、彼は本当にいいやつだよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る