2018.09.30

今季絶好調のアザール、W杯後の移籍希望を明かす「本当のことを言うと…」

エデン・アザール
好調を維持するアザール 【写真】=Getty Images 
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが移籍を希望していたことを認めた。スペイン紙『アス』が報じている。



 アザールは今夏の移籍市場で、レアル・マドリードからの関心が伝えられ、移籍報道が過熱していた。しかし最終的にチェルシー残留を決め、マウリツィオ・サッリ監督の新体制下で大活躍を見せている。

 アザールは29日に行われたプレミアリーグ第7節リヴァプール戦のインタビューに応じ、移籍を希望していたことを明かしている。

「本当のことを言うと、僕はワールドカップ後に移籍を希望していた。いつかスペインでプレーすることが夢だからだ。でもその後、僕はクラブや新しい監督と話をしたんだ。残留もあり得るとね。あの時を振り返ると、正しい決断だったよ」

「僕とチェルシーの契約はあと2年残っている。延長にサインする可能性はあるけれど、今はわからない」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る