2018.09.27

今週末に再び激突するチェルシーとリヴァプール…その“前哨戦”を分析

チェルシー、リヴァプール
チェルシーが逆転でリヴァプールを下した [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 カラバオ・カップ3回戦が26日に行われ、リヴァプールとチェルシーが対戦。プレミアリーグで未だ無敗同士の対決は、アウェイのチェルシーが2-1の勝利を収めた。リヴァプールは今季公式戦8試合目にして初黒星を喫している。

 両チームは、29日に行われるプレミアリーグ第7節で再び激突。次の舞台はチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジだ。週末の大一番を前に、イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』は“前哨戦”にあたる今回の一戦について分析記事を掲載している。

■ファビーニョとナビ・ケイタにとっては複雑な結果に

ファビーニョ、ナビ・ケイタ

(左)ファビーニョと(右)ナビ・ケイタ [写真]=Getty Images

ユルゲン・クロップ監督が今シーズンここまでピッチに送り出してきたメンバーは、獲得に要した移籍金の高さとは無関係であった。指揮官のこの決断は、今季初スタメンを果たしたファビーニョとナビ・ケイタのパフォーマンスをもって証明されている。今夏新たにリヴァプールに加わった2人は時折素晴らしいプレーを見せたものの、新たなシステムへの適応に戸惑いを隠せなかった。チームは開幕から好スタートを切ったとはいえ、常時出場機会を与えるほどの余裕はなさそうだ。パフォーマンスの向上を期待するサポーターにとっても、もうしばらくの我慢が求められるだろう。

■シャチリはフル出場に値した

ジェルダン・シャチリ

[写真]=Getty Images

リヴァプールは前半かなり劣勢に立たされたため、ハーフタイムでジェルダン・シャチリはベンチに下げられる可能性もあった。しかしクロップ監督は、22日に行われたサウサンプトンとのプレミアリーグ第6節のように早い時間帯でのメンバー変更を実施せず。この決断の恩恵を受けたのがスイス代表MFだった。相手最終ラインの裏へ抜け出したり、タッチライン沿いで的確なボールコントロールを披露したり、あらゆる局面でチェルシーの守備陣を引きずり出し、後半はチームNo.1のアタッカーだった。今後は間違いなく、プレミアリーグやチャンピオンズリーグでも出番を増やすはずだ。

■クロップ・システムの鍵はサイドバック

ナサニエル・クライン、アルベルト・モレノ、トレント・アレクサンダー・アーノルド、アンドリュー・ロバートソン

(左から)クライン、モレノ、アーノルド、ロバートソン [写真]=Getty Images

今回の一戦で左右のサイドバックに入ったナサニエル・クラインとアルベルト・モレノのパフォーマンスを見れば、トレント・アレクサンダー・アーノルドとアンドリュー・ロバートソンはきっと安心したはずだ。彼らはパスセンスもさることながら、ボール扱いやクレバーな走りでサイドからの攻撃に厚みをもたらすことが出来る、指揮官好みの選手である。しかし、クラインやモレノはオーバーラップで相手に脅威を与えることもなければ、チームメイトとの速いパス交換を行うこともなかった。いずれも頼りがいのあるバックアッパーだが、「ボールを前に進める」という点において、2人の同時出場には限界がある。

■チェルシーはケーヒルを引き留めるべき

ガリー・ケイヒル

[写真]=Getty Images

ガリー・ケイヒルは先日、来年1月にクラブを退団する可能性を認めたが、チームにとってまだまだ重要な存在であることは直近のプレーからも明らかとなった。リーグ開幕5試合連続で出場機会が与えられなかった32歳のセンターバックは、公式戦2試合連続で出場。日曜日のウェストハム戦では負傷退場したアントニオ・リュディガーに代わって後半途中からピッチに立つと、今回のリヴァプール戦では今季初のスタメン出場。モハメド・サラーとロベルト・フィルミーノはベンチスタートだったとはいえ、サディオ・マネ、ダニエル・スタリッジ、シャチリといった強力なアタッカーたちを相手に戦わなければならなかった。果たしてピッチ上では、終始冷静な対応を見せ、熟練のパフォーマンスを披露。アウェイに駆けつけたサポーターたちも、ベテランDFの頑張りを称えるチャントを歌い上げた。ケーヒルが常時試合に出られる環境を求めるのは理解できるが、チェルシーにはこれだけ経験豊富な選手をシーズン途中に手放す余裕がない。

■アザールは精神的なアドバンテージをもたらした

エデン・アザール

[写真]=Getty Images

チェルシーは2012年以降、リヴァプールの本拠地アンフィールドで黒星を喫したことがない。そのジンクスは、エデン・アザールの魔法のようなゴールで継続されることとなった。29日にはプレミアリーグで再びリヴァプールと対戦するが、アザールの一撃は首位の座を狙うチームに精神的なアドバンテージをもたらすだろう。3日後の“本番”を見据えて、両チームは先週末のリーグ戦からスタメンを8名変更。ローテーションが奏功したのはチェルシーの方で、彼らはリヴァプール陣内でも自信を持ってパスを回していた。ただリヴァプールも得意のプレッシングがはまると優勢に立ち、前半の終盤は試合を支配していた。58分には、ホームチームがスタリッジのシュートで先制。そのまま逃げ切るかと思われたが、チェルシーは見事に試合をひっくり返した。相手の守備網を軽やかにかわしたアザールのドリブルは、今週末の試合でもリヴァプールのDFたちに脅威を与えることだろう。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る