2018.09.26

第2キャプテン剥奪も…モウリーニョ監督は「ポグバとの問題はない」

ジョゼ・モウリーニョ、ポール・ポグバ
マンUのポグバ(右)とモウリーニョ監督(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、同チームに所属するフランス代表MFポール・ポグバとの確執を否定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日に伝えている。

 ポグバは、22日に行われたプレミアリーグ第6節ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦の試合内容について「攻めて攻めて攻めまくるべきだ。それがオールド・トラッフォードというものだ」と発言。モウリーニョ監督の戦術を批判したと報じられ、再び不仲説が浮上した。また、モウリーニョ監督がポグバに激怒し、二度とキャプテンを任せることはないと叱責したとも報じられている。

 モウリーニョ監督はポグバにキャプテンを任せることはないと認めた一方で、関係性に問題はないとコメントした。

「ポグバに第2キャプテンを任せないと決断したことだけが真実だ。我々の間には争いも問題もない。彼を第2キャプテンに任命したのも、彼から第2キャプテンの座を剥奪したのも監督である私が決めたことだ。私が監督なんだ。決断することができる。決断はするが、説明する必要はない」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る