2018.09.20

チェルシーのケーヒル、来夏に移籍も…古巣アストン・ヴィラが獲得狙う

ケーヒル
2012年からチェルシーでプレーしているケーヒル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属する元イングランド代表DFガリー・ケーヒルが、今シーズン終了後に移籍する可能性があるようだ。古巣のアストン・ヴィラが関心を示していると、地元紙『Birmingham Mail』が伝えている。

 報道によると、ケーヒルとチェルシーの契約は今シーズン限りで満了を迎える。フリートランスファーでの獲得が可能となる来夏、古巣であるアストン・ヴィラが同選手の獲得を狙っているようだ。

 現在32歳のケーヒルはアストン・ヴィラの下部組織出身で、2004年にトップチームへ昇格。バーンリーやシェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍も経験した。アストン・ヴィラでは公式戦28試合に出場。2008年夏から2012年1月までボルトンでプレーした後、チェルシーに加入した。

 ケーヒルは先月、通算61試合に出場したイングランド代表からの引退を表明。クラブレベルでのプレーに専念する意向を示している。来夏にアストン・ヴィラ加入が決まれば11年ぶりの古巣復帰となるが、移籍は実現するだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る