2018.09.13

トッテナムGKロリス、飲酒運転の処分が決定…免許停止20カ月&罰金720万円

ウーゴ・ロリス
法廷の外で報道陣に囲まれるロリス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 飲酒運転で逮捕されたトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスに対し、罰金と免許停止の処分が下された。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に伝えている。

 8月24日、ロリスはロンドン中心部で飲酒運転のため警察に逮捕された。警察の調べによると、ロリスからはイギリスの飲酒運転基準値の2倍以上のアルコールが検出されたという。

 そして9月12日、ロリスはウェストミンスター裁判所に出廷し、罪を認め、処分が下された。なお、免許停止期間は20カ月で罰金は5万ポンド(約720万円)となっている。また、今後所属先のトッテナムからも処分が下されるという。

 ロリスは2012年からトッテナムに所属し、プレミアリーグで209試合に出場。75回のクリーンシートを達成している。また、2018 FIFA ワールドカップ ロシアでもフランス代表の優勝に大きく貢献していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る