2018.09.13

37歳の元英代表DFテリー、ロシア行きを辞退「家族と考えた結果…」

ジョン・テリー
ロシア行きを辞退したジョン・テリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在無所属となっている元イングランド代表DFジョン・テリーが、スパルタク・モスクワへの加入を辞退したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

 昨夏にチェルシーを離れ、アストン・ヴィラに加入したテリーは契約満了に伴い、今夏にアストン・ヴィラを退団した。そして無所属になった37歳の同選手は先日、ロシアのスパルタク・モスクワ加入間近だと報じられていた。

 しかし、直前になってテリーは加入を辞退。12日に同選手はその理由について次のように明かしている。

「じっくり考え、スパルタク・モスクワからのオファーを断ることを決めた。スパルタクには感謝を伝えたいし、彼らとそのサポーターが今シーズンに成功できることを祈っている」

「彼らは野心を持ったクラブで、僕は彼らのプロフェッショナリズムにはとても感銘を受けた。しかし、この移籍について家族と考えた結果、今ロシアに行くことは僕たちにとって適切ではないと判断したんだ。スパルタクの幸運を願っているよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る