2018.09.12

キャラガー氏、若手ラッシュフォードに移籍を提言「ルカクがいる限り…」

マーカス・ラッシュフォード
マンチェスター・Uでプレーする若手FWラッシュフォード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールで活躍した元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は、マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードに移籍を提言した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に伝えている。

 ラッシュフォードは7歳の頃からマンチェスター・Uに在籍。昨シーズンのプレミアリーグでは35試合に出場し、7得点を記録。しかし、先発出場の機会は17試合に留まっていた。

 キャラガー氏はベルギー代表FWロメル・ルカクの存在について言及し、ラッシュフォードに移籍を勧めた。

「ルカクがいる限り、ラッシュフォードがセンターフォワード(CF)のポジションを確保することは難しい」

「プレミアリーグやチャンピオンズリーグ制覇を目指すチームにとって、ラッシュフォードでは不十分だ。彼はワールドクラスの選手ではない。だが、可能性は秘めている」

「しかし、チェルシーにいた頃のルカクを思い出してほしい。彼はエヴァートンに移籍し、トップストライカーになった。ラッシュフォードも、ビッククラブに戻るために一度チームを離れる必要があるだろう」

 今シーズンから背番号「10」を着用するラッシュフォード 。今後の動向に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る