2018.09.12

リヴァプール、構想外のマルコヴィッチをリザーブチーム降格に

ラザル・マルコヴィッチ
リヴァプールに所属する マルコヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールはセルビア代表FWラザル・マルコヴィッチを主に23歳以下のユース選手たちがプレーするリザーブチームへ降格させたようだ。イギリス紙『リヴァプール・エコー』が11日に報じている。

 同メディアによると、ヨルゲン・クロップ監督の構想から外れている同選手は、リザーブチームでトレーニングをするように命じられたのこと。同選手は今夏の移籍市場でアンデルレヒトへの移籍が濃厚だと報じられていたが、結局交渉がまとまらなかったためリヴァプールに残留していた。

 現在24歳のマルコヴィッチは2014年にベンフィカから約2000万ポンド(約29億円)の移籍金でリヴァプールへ移籍。しかしその後は定位置を確保できず、フェネルバフチェやアンデルレヒトなど4つのクラブへのレンタル移籍を経験した。プレミアリーグでは通算19試合に出場している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る