2018.09.12

アトレティコ指揮官、GKオブラクの残留を熱望…チェルシーらが関心

オブラク
複数クラブからの関心を報じられているオブラク [写真]=Power Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が、スロヴェニア代表GKヤン・オブラクの残留を熱望していることを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に報じている。



 報道によると、シメオネ監督は「私は、彼(オブラク)が契約を延長することを望んでいる。クラブはその方向へ動いているし、両者(クラブと選手)が合意できることを望んでいるよ」と、守護神の残留を熱望していることを明かした。

 オブラクは今年1月の移籍市場でチェルシーリヴァプールなど複数クラブからの関心を報じられていた。8月27日付のスペイン紙『アス』によれば、アトレティコ・マドリードは同選手の流出を阻止すべく、現在1億ユーロ(約129億2000万円)に設定されている契約解除金を2億ユーロ(約258億4000万円)に増額し、年俸の引き上げも検討しているという。

 オブラクは1993年生まれの25歳。2014年夏にベンフィカからアトレティコ・マドリードに加入した。昨シーズンまで公式戦160試合に出場し、クリーンシート(無失点試合)達成率は50パーセント以上と驚異的な成績を残している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る