2018.08.17

ウェストハム指揮官、かつての教え子Y・トゥーレの獲得を否定…現在所属先なし

ペジェグリーニ監督とY・トゥーレ
マンC時代は共に戦った両者 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェストハムのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、マンチェスター・Cを退団し現在はフリーとなっている元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの獲得に動く可能性を否定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に伝えている。

 現在ウェストハムで指揮を執るマヌエル・ペジェグリーニ監督とY・トゥーレは、2013-14シーズンから3シーズンに渡ってマンチェスター・Cで共に戦った。そのことも影響してか、ウェストハムは以前からY・トゥーレの獲得を検討していた。しかし、同選手が週給10万ポンド(約1500万円)を超える巨額の給与を求めていることから、獲得は実現していなかった。プレミアリーグの移籍市場は8月9日に終了したが、所属クラブがない状態の選手は今後も獲得することができる。Y・トゥーレはプレミアリーグを中心に現在も移籍先を探している状況だ。

 そんな中、ペジェグリーニ監督がY・トゥーレについてコメント。「ヤヤはとても良い選手だ。しかし、現在彼のポジションには多くの選手がいる。もうチームは出来上がっているよ」と話し、今後Y・トゥーレの獲得には動かないと主張した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る