2018.08.16

ルカク、ユーロ後の代表引退を示唆…ロシアW杯では4得点の大活躍

ロメル・ルカク
ベルギー代表としてロシアW杯で活躍したルカク [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、2020年の欧州選手権(ユーロ)を最後に代表を引退するかもしれないと発言した。イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が16日に伝えている。

 同紙によると、ルカクは代表でのキャリアについて「ユーロの後にベルギー代表引退を考えている」とコメント。4年後の2022 FIFAワールドカップ カタールには出場しないことを示唆した。

 1993年生まれのルカクは現在25歳。16歳の若さでベルギーリーグの史上最年少得点王を獲得し、その後はプレミアリーグで6シーズン連続二桁得点を記録。2018 FIFAワールドカップ ロシアでもベルギー代表に選出され、6試合に出場。4ゴールを記録し、ベルギー代表の3位入賞に大きく貢献した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る