2018.07.21

レアル、W杯で活躍のトリッピアーを注視…トッテナムは移籍金78億円を要求か

キーラン・トリッピアー
イングランド代表でプレーするトリッピアー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードがイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙「サン」が20日に報じている。

 同メディアによると、レアル・マドリードは先日レアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得したが、同じく右サイドバックを本職とするトリッピアーにも注視しているという。トリッピアーは昨夏、トッテナムとの契約を2022年まで延長したばかりで、移籍するとなればトッテナム側は移籍金として5000万ポンド(約78億円)を要求すると見込まれている。

 現在27歳のトリッピアーは2018 FIFAワールドカップ ロシアの全6試合に出場。準決勝クロアチア戦では直接フリーキックを決めるなど、イングランドのベスト4進出に大きく貢献した。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る