2018.07.20

給与アップを求めるスターリング、契約交渉が難航…マンCは来夏に売却か

ラヒーム・スターリング
イングランド代表でプレーするスターリング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングの契約延長交渉が難航しているようだ。イギリス紙『ミラー』が19日に報じている。

 スターリングのマンチェスター・Cとの現行契約は2020年6月までとなっており、昨シーズン途中から延長交渉が行われてきたが、合意に至らなかった。交渉は2018 FIFAワールドカップ ロシアの終了後まで延期されていたが、このまま今シーズン中に合意することができなかった場合、マンチェスター・Cは同選手を来夏にも売却する方針だという。

 同メディアによると、スターリング本人は現在の週給17万ポンド(約2500万円)からの引き上げを要求し、他クラブからの関心をちらつかせて同クラブに圧力をかけている模様だ。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る