2018.07.20

サンチェスのビザ問題が解決…まもなくマンUのアメリカ遠征合流へ

サンチェス
サンチェスがマンUのアメリカ遠征にまもなく合流する [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 入国ビザの発給問題でマンチェスター・Uのアメリカ遠征に参加できていなかったチリ代表FWアレクシス・サンチェスだが、入国が認められ、まもなくアメリカ入りするようだ。イギリスメディア『BBC』が19日付で伝えている。

 同メディアによると、サンチェスに対して19日に入国の許可が下りたとのことだ。これにより、同選手はアメリカで行われているマンチェスター・Uのトレーニングにまもなく合流できる見通しとなっている。20日に行われるクラブ・アメリカとのプレシーズンマッチ終了後に、チームに合流する模様だ。

 サンチェスは、バルセロナに所属していた2012年から2013年にかけて脱税していたことが発覚し、今年の初めに懲役16カ月の有罪判決が確定した。この影響で、アメリカへの入国ビザが発行できず、現在マンチェスター・Uがアメリカで行っている遠征には不在となっていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る