2018.06.01

ルカク、マンU移籍2年目でのタイトル獲得へ意気込む「状況を変えたい」

ルカク
マンU移籍1年目のシーズンを終えたルカク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのベルギー代表FWロメル・ルカクが、2017-18シーズンの戦いぶりを振り返った。同代表のトレーニングにおける記者会見でコメントしている。

 昨夏の移籍市場でマンチェスター・Uに加わったルカクは、移籍1年目でプレミアリーグ35試合出場16得点を記録した。個人としての出来について、同選手は「良いシーズンを過ごせた」と話している。

 一方で、チームはリーグ戦を2位でフィニッシュこそしたものの、首位のマンチェスター・Cには勝ち点差19をつけられ、独走を許した。カップ戦を含めてもタイトルには手が届かず。これにはルカクも悔しい思いを抱いているようで、「チームとして何も勝ち取ることができなかったのは残念だ」と語った。そして、新シーズンでのタイトル奪取に向けて意気込みを述べている。

「来シーズンは状況を変えたいと思う。何人かの新戦力が加わって新たなメンバーになるのが楽しみだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る