2018.05.28

マンU、約146億円でベイル獲得へ! ドイツ王者バイエルンも関心

ギャレス・ベイル
ギャレス・ベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル獲得へ向け、プレミアリーグとブンデスリーガの強豪が動き出したようだ。イギリスメディア『テレグラフ』が27日に伝えている。

 26日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で大活躍をみせ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いていたベイルは、試合後の優勝インタビューで移籍を示唆する発言を残していた。

 そこで動き出したのがマンチェスター・Uとバイエルン。2013年にベイルがトッテナムからレアル・マドリードに移籍する時、遅れをとったマンチェスター・Uは、今回は早めに動きだしたようだ。レアル・マドリードが同選手を獲得するために要した8500万ポンド(約124億円)を超える1億ポンド(約146億円)のオファーを提示したという。

 ブンデスリーガ6連覇中のドイツ王者バイエルンは、28歳のベイルがプレミアリーグに復帰しないと考えている模様。そこで、チャンピオンズリーグでの活躍ぶりに敬意を示し、関心を寄せているようだ。

 ベイルが2022年までレアル・マドリードとの契約が残っている点を考慮すると、移籍金は驚くべきものと見られている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る