2018.05.15

英1部で123年ぶりの珍事…トップ6以外の14クラブ、得失点差マイナスで終了

得失点差トップのマンC、今季ワーストだったストークとの対戦(第8節)は7-2と圧勝 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 13日に今シーズンの全日程を終了したプレミアリーグだが、上位6クラブを除く14クラブが得失点差をマイナスで終えるという事態が発生した。14日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 今シーズンのプレミアリーグでは史上最多記録を更新する勝ち点「100」を獲得して優勝したマンチェスター・Cが106得点、27失点と驚異的な数字を残した。得失点差もリーグ史上最高記録となる「プラス79」だった。そしてマンチェスター・U、トッテナム、リヴァプール、チェルシー、アーセナルの上位陣も総得点数が総失点数を上回ったままシーズンを終えた。

 一方、7位フィニッシュながら36得点、39失点で得失点差「マイナス3」を記録したバーンリー以下、トップ6以外の全14クラブは、総失点数が総得点数を上回ることとなった。

 目を引くところでは、エヴァートンが8位フィニッシュながら得失点差「マイナス14」を記録(44得点、58失点)。今シーズン最初に2部降格が決まったストーク(最終順位は19位)は35得点、68失点でリーグワーストとなる得失点差「マイナス33」を記録している。

 なお『サン』によれば、イングランド1部リーグの歴史上、上位6クラブのみが得失点差プラスでシーズンを終えたのは、123年前の1894-95シーズン以来のこと。当時はまだ[1-1-8]や[2-2-6]といったシステムが主流となっていた時代で、16クラブでリーグが構成されていた。

 1894-95シーズンは、優勝したサンダーランド(得失点差「プラス43」)以下、エヴァートン、アストン・ヴィラ、プレストン、ブラックバーン、シェフィールド・Uが得失点差プラスでフィニッシュ。同シーズンのリヴァプールは最下位で降格の憂き目に遭っているほか、当時はニュートン・ヒースという名前だったマンチェスター・Uは2部の3位、ウーリッチ・アーセナル(現アーセナル)は同8位、マンチェスター・Cが同9位に終わっている。チェルシーはまだ創設されておらず、トッテナムが初めてフットボールリーグに参加したのはこの13年後のことだった。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る