2018.05.10

ハダースフィールド、来季もプレミアに! 昇格3チームの残留は6年ぶりの快挙

ハダースフィールド
1部残留を決めたハダースフィールド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第35節未消化分の試合が9日に行われ、ハダースフィールドがチェルシーと1-1で引き分けたことにより、1部残留を決めた。

 今シーズン2部から昇格してきたうち、ニューカッスル(現在10位)とブライトン(現在14位)はすでに残留を決めており、残すハダースフィールドの戦いに注目が集まっていた。

 先制に成功したハダースフィールドは、チェルシーの攻撃を最少失点で食い止め、アウェイで勝ち点1を獲得した。この結果により、45年ぶりに1部に昇格した同チームは、来シーズンもプレミアリーグで戦うことに決定。試合後には、選手たちがデイヴィッド・ワグナー監督を胴上げするなど喜びを爆発させた。

 また、昇格した3クラブが1年目で残留するのは、2011-12シーズンに残留を決めたQPR、ノリッジ、スウォンジー以来、実に6シーズンぶりとなる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る