2018.04.26

ジェラード氏、レンジャーズ監督就任の噂が浮上…師弟対決も実現?

スティーブン・ジェラード
監督就任の噂が浮上しているジェラード氏 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 リヴァプールのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏に、スコットランド1部リーグのレンジャーズで監督に就任する可能性が浮上しているという。26日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 現在37歳のジェラード氏は、1998年から2015年までリヴァプールでプレーした。リーグ戦では、504試合出場120得点を記録。キャプテンとしてもチームを支えてきた。ロサンゼルス・ギャラクシーを経て2016年に現役を引退すると、現在はリヴァプールのユースでU-18の監督を務めている。

 指導者として研鑽を積むジェラード氏について、同紙はレンジャーズが次期監督の有力な候補として検討していると報道。すでに就任に向けた話し合いを行っているとも伝えている。

 レンジャーズでは、昨年10月にポルトガル人のペドロ・カイシーニャ氏が監督を解任された後、イングランド出身のグレアム・マーティ氏がチームを率いている。しかし、チームは残り4試合となったリーグ戦で、首位セルティックと10ポイント差の2位。2010-11シーズン以来となるトップリーグ優勝は絶望的な状況となっており、シーズン終了後の監督交代が濃厚だとされる。

 なお、ジェラード氏がレンジャーズの監督に就任した場合には、“師弟対決”が実現するかもしれない。レンジャーズの宿敵として知られるセルティックを率いるのは、ブレンダン・ロジャーズ氏。2012年から2015年までリヴァプールの指揮官を務め、ジェラード氏は当時に教え子にあたる。監督としてピッチ上で再会を果たす可能性がある。

 現時点では噂の域を出ない。だが、スコットランドを舞台に“師弟対決”が行われるとすれば、ファンならずとも見逃せない一戦になりそうだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る