2018.04.26

モウリーニョ監督、不調のマルシャル退団を容認か…地元紙が報じる

マルシャル
不調から脱せずにいるマルシャル [写真] =Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルの移籍の可能性が高まっているようだ。25日付でイギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 今冬の移籍市場でアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスを獲得したマンチェスター・U。ジョゼ・モウリーニョ監督は同選手を加入直後から左ウイングのポジションに据え、以降もチームの主力として多くの試合で起用している。

 同じポジションを主戦場とするマルシャルは、控えとしても出場機会がなかなか得られておらず、A・サンチェス加入以降のプレミアリーグ出場は6試合に留まっている。

 同紙の報道によると、モウリーニョ監督は加入初年度の輝きを取り戻すことができないマルシャルに対し、移籍を容認することを決めたようだ。

 22歳のマルシャルに対しては、ユヴェントス、バルセロナ、バイエルンなどが興味を示しているとされる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る