2018.04.21

元バルセロナ指揮官のエンリケ氏、ヴェンゲル監督の後任候補に浮上

ルイス・エンリケ氏
ヴェンゲル監督の後任候補に浮上したルイス・エンリケ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 20日、アーセナルは約22年間アーセナルを指揮し続けたアーセン・ヴェンゲル監督が退任することを発表した。それを受けイギリスメディア『デイリー・メール』は20日、ヴェンゲル監督の後任候補を伝えている。

 同メディアは元バルセロナ指揮官のルイス・エンリケ氏をヴェンゲル監督の後任候補として報道。エンリケ氏がスペインからイギリスに飛び立ち、アーセナルはすでにエンリケ氏と接触済みと伝えている。

 エンリケ氏は昨シーズン限りでバルセロナの監督を退任。指揮した3シーズンでチャンピオンズリーグ優勝や2度のリーグ制覇など計9タイトルを獲得した。

 アーセナルは、プレミアリーグ第35節終了時点で16勝6分11敗の勝ち点「54」で6位につけており、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位トッテナムと勝ち点「14」差をつけられ、2年連続となるCL出場権喪失が危ぶまれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る