2018.04.21

モラタ、交代時の激怒を謝罪「チャンスを逃した自分に対して…」

アルバロ・モラタ
バーンリー戦交代時のモラタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、バーンリー戦の交代時に見せた自身の行動を謝罪している。

 19日、チェルシーはプレミアリーグ第31節でバーンリーと対戦。試合は2-1で勝利したが、試合中にはトラブルが起きていた。71分、先発出場していたモラタが途中交代でベンチに下がると、スパイクとすね当てを投げ捨てるなど怒りを露わにしていた。

 同試合ではGKとの1対1を外すなど、フラストレーションを溜めていたモラタ。試合後に自身のツイッターで後悔と謝罪を綴っている。

「この勝ち点3は、僕らにとって非常に重要だ。今日の勝利は日曜日の試合(FAカップ準決勝サウサンプトン戦)へ最高の準備になった。ベンチに下がった時にとった行動を謝罪したい。チャンスを逃した自分自身に対してものすごく怒りを感じていたんだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る