2018.04.14

アザール、チェルシーのトップ4入りを諦めず「残りの全試合に勝つ」

エデン・アザール
チェルシーのエデン・アザール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場権を懸けた今後の試合に意気込んだ。13日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が同選手へのインタビュー内容を伝えた。

 昨季プレミアリーグ王者のチェルシーは2018年に突入以後、リーグ戦11試合でわずか3勝しか挙げられていない。現在5位の同クラブが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権が得られる4位以内に入るためには、3位リヴァプール・4位トッテナムとの勝ち点差「10」を詰める必要がある。アザールはまず、現状について冷静に分析した。

「最近の2カ月間、自分の結果にもチームの結果にも満足していない。だから、僕は幸せではないよ。いつもチームのためにプレーしている。しかし、僕が良いプレーをしても、チームが勝てないのが心苦しい」

「僕が得点できれば、僕は得点する。僕がアシストできるなら、僕はアシストする。とにかくピッチで喜びたい。勝っているときは幸せなんだ。逆に勝っていないときは幸せではないね」

 アザールは、4以内でシーズンを終えるというチェルシーの目標を諦めておらず、プレミアリーグの残りの全試合に勝つと意気込んだ。

「(4位以内は)難しい。非常に難しいが、可能だと思っている。サッカーでは何かが起こる可能性があるからね。僕たちはそれを信じる必要があるんだ。お互いを信頼し、残りのすべての試合で勝つことにトライする必要がある」

「リーグ戦の残り6試合、全6試合で勝利すれば上位4位で終わることができるかもしれない。もし終わらなくても、少なくとも我々はすべてをやったと言えるだろう。後悔がないように残り1カ月もプレーしたい」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る