2018.03.29

リヴァプール、ヴェルナー獲得の意向はなし? 指揮官は現有戦力に満足

ティモ・ヴェルナー
リヴァプール移籍が噂されるヴェルナー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに、ライプツィヒ所属のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを獲得する意向はないようだ。28日付のイギリス紙『デイリー・スター』が報じている。

 リヴァプールは以前からヴェルナーへの関心が報じられており、今シーズン終了後に獲得に動くのではないかと目されていた。特に、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がヴェルナーの獲得を熱望しており、来夏の主要ターゲットであるとも噂されていた。

 しかし、現段階でリヴァプールがヴェルナー獲得に動く可能性は低いようだ。クロップ監督は今シーズンの公式戦で計71ゴールを記録している3トップ(ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表サディオ・マネ、エジプト代表モハメド・サラー)に満足しており、新たなFWは必要ないと考えを改めたことが主な原因と見られている。

 現在22歳のヴェルナーはシュトゥットガルトを経て、2016ー17シーズンにライプツィヒへと加わった。加入初年度となった昨シーズンはブンデスリーガで21ゴールをマークして一躍脚光を浴び、ドイツ代表にも選出された。今シーズンのブンデスリーガではここまで25試合に出場し11得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る