2018.03.22

マタとエレーラは来季の構想外?…マンUは両選手の移籍を容認する構え

マタ、エレーラ
マンUはマタとエレーラの移籍を容認する構えだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは同クラブに所属するスペイン代表MFファン・マタとスペイン人MFアンデル・エレーラの両選手について彼らの意思を尊重し、場合によっては移籍を容認する考えであるようだ。スペイン紙『マルカ』が21日付で伝えている。

 同紙によれば、モウリーニョ監督はもし、マタとエレーラの両選手が移籍を望むのなら引き留めることはせず、彼らの意思を尊重し、移籍を容認するようだ。マタは今シーズン、プレミアリーグ24試合に、エレーラも19試合に出場している。ただ、両選手ともに途中交代や途中出場が多く、満足のいく出場機会が得られているとは言い難い。今回、モウリーニョ監督は決断権を選手に与え、判断を委ねることにしたようだ。

 しかし、一方でモウリーニョ監督は来季タイトル獲得に向けたクラブ首脳陣との会合で、主に守備的な選手獲得のために更なる投資を求めたようだ。また、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアなどの主力選手の退団を最大限避けるべきだという見解も残したと報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る