2018.03.03

モウリーニョ、今季限りでのイブラ退団を予想「全員が理解している」

イブラヒモヴィッチ
今シーズン限りでマンチェスター・Uを退団すると言われているイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが今シーズン限りでクラブを退団する認識であることを表明した。2日にイギリスメディア『BBC』が伝えている。



 昨年8月に同クラブと1年間の契約を更新したイブラヒモヴィッチは11月に右ひざのケガから復帰したものの、今シーズンの出場回数はわずか7回に限られている。また、最後に出場した試合は昨年12月26日に行われたプレミアリーグのバーンリー戦と、復帰後も出場機会の確保に苦しんでいる模様だ。

 イブラヒモヴィッチは2016年7月にパリ・サンジェルマンからマンチェスター・Uに移籍した。自身にとって初挑戦となるイングランドで、昨シーズンは通算46試合に出場、28ゴールをマークし好調ぶりを見せた。しかし、2017年4月に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で右ひざ前十字じん帯を損傷してしまった。

 そんなイブラヒモヴィッチについてモウリーニョ監督は次のように話した。

「彼は本当に素晴らしい選手だよ。ケガさえしていなければこのクラブで最高の2シーズンを過ごすことができていたはずだ。とても残念なことだが、今シーズン限りで彼が退団するというのは誰もがわかっていることだよ」

 また、モウリーニョ監督はイブラヒモヴィッチはケガから復帰したものの、完全に回復したわけではないと述べた。

「彼はもうケガを負っている状況ではないが、試合に出られるフィットネスレベルではないと私は判断している。彼も自分が万全な状態でない限りピッチに立ちたくないと思っているはずだよ」

 イブラヒモヴィッチは3月13日に開催されるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのセビージャ戦のメンバー入りを目標にトレーニングに励んでいるとのことだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る