2018.02.26

注目の大一番を制したのはマンU!ルカクが1G1A、途中出場のリンガードが決勝弾

リンガード
注目の一戦はリンガードの決勝弾でマンチェスター・Uが制した [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第28節が25日に行われ、マンチェスター・Uとチェルシーが対戦した。

 前節が終了した時点で2位のマンチェスター・Uと、4位のチェルシーの直接対決。世界中で注目を集めた大一番は、互いの意地と意地がぶつかり合う一戦となった。

 試合が動いたのは32分。カウンターの場面からウィリアンがエデン・アザールにパスを送ると、アザールがフリーランを仕掛けたウィリアンに縦パスを戻す。フリーとなってペナルティエリア内に侵入したウィリアンが右足で力強いシュートを放ってゴールネットを揺らし、鮮やかな速攻を決めたチェルシーが先制に成功する。

 ビハインドを負ったマンチェスター・Uもすぐさま反撃に出る。39分、ゴール前の混戦からアレクシス・サンチェスが送ったパスをアントニー・マルシャルがロメル・ルカクに繋ぐと、ゴール正面に走り込んだルカクが左足でゴールに流し込んだ。古巣対決でもあるルカクの一撃で、マンチェスター・Uが試合を振り出しに戻した。

 その後は一進一退の攻防が続いたが、75分に再び試合が動く。ロングボールを受けたルカクが右サイドからクロスを上げると、途中出場のジェシー・リンガードが頭で合わせる。巧みなポジショニングから放たれたヘディングがゴールに突き刺さり、ホームのマンチェスター・Uが大きな勝ち越し点を手にした。

 試合はそのまま2-1で終了し、注目の上位対決を制したマンチェスター・Uが大きな勝ち点3を獲得している。

 次節、マンチェスター・Uは3月5日にアウェイでクリスタル・パレスと対戦。チェルシーは3月4日にアウェイでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 2-1 チェルシー

【得点者】
0-1 32分 ウィリアン(チェルシー)
1-1 39分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)
2-1 75分 ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る