2018.02.25

レアルがマンUのマルシャル獲得を計画…トッテナム、インテルも関心

マルシャル
レアル・マドリードが獲得を計画するマルシャル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードが、マンチェスター・Uのフランス代表FWアントニー・マルシャル獲得を計画しているという。スペイン紙『マルカ』が24日付で報じた。

 報道によると、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が同胞のマルシャル獲得を望んでおり、今夏の移籍市場における重要なターゲットとして位置付けている。マルシャルもジョゼ・モウリーニョ監督の下で出場機会が限られていることから、自身の将来について熟慮している様子だ。

 マルシャルとマンチェスター・Uの現行契約は来夏で終了するが、現時点ではマルシャル側に契約延長のオファーは提示されていない模様。これを受けて、同選手にはレアル・マドリードの他にもトッテナムやインテルが関心を示している。

 マルシャルは今シーズンここまでのプレミアリーグで25試合出場9得点を記録。そのうち先発出場は15試合となっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る