2018.02.20

マンU、今夏クロース獲得に乗り出す…キャリックの引退に備える

クロース
中盤の強化を目指すマンチェスター・Uが、クロースの獲得に再挑戦するようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが、レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースの獲得に今夏乗り出すようだ。19日付でイギリス紙『インディペンデント』が報じている。

 今年7月に37歳となるキャリックは、先日今シーズン限りでの引退を示唆。現役を退いた後は、クラブのアカデミーコーチになることが有力視されている。また、ジョゼ・モウリーニョ監督が17日に行われたFAカップ5回戦はダーズフィールド戦を前にした記者会見で中盤の選手の補強を明言していた。

 そこで2014年にも獲得に乗り出していたクロースに、今夏の移籍市場で再アタックすることを検討しているという。

 また、不調に陥っているフランス代表MFポール・ポグバに与えられているタスクを軽減し、より前のポジションで起用するためにモウリーニョ監督はクロースの獲得を熱望しているようだ。

クロースの他にもラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチやニースのコードジボワール代表MFジャン・セリもターゲットとしているようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る