2018.02.12

エヴァートン、今季加入DFキーンを来夏放出か…前所属バーンリーが注視

キーン
昨夏に約44億円の移籍金でエヴァートンに加入したキーン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンが、イングランド代表DFマイケル・キーンを来夏の移籍市場で放出する可能性があるようだ。10日付でイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 マンチェスター・Uの下部組織で育ったキーンは、バーンリーで3年目を迎えた昨シーズン、35試合に出場ゴールを記録。その活躍が認められ昨夏の移籍市場でエヴァートンに3000万ポンド(約44億円)の移籍金で引き抜かれた。

 しかし、今シーズンは27試合46失点で9位に沈むチームの不調も重なり、期待されていたほどのプレーを見せることができていないキーン。昨夏の移籍市場で莫大な移籍金を投じたエヴァートンは資金を捻出するために同選手を獲得時と同じ3000万ポンドで売却することを検討しているという。

 移籍先には前所属のバーンリーが挙げられているが、同クラブは同額での獲得は考慮しておらず、実現する可能性は現時点で低いようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る