2018.01.24

レノン、ウォルコット獲得のエヴァートンからバーンリーに移籍「まだやれる」

レノン
バーンリーに移籍したレノン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バーンリーは23日、エヴァートンから元イングランド代表MFアーロン・レノンを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 新天地で背番号「25」をつけるレノンは、「バーンリーは移籍したかったクラブで、スタートが待ち遠しいね。とても楽しみにしているよ。クラブは前進しているし、それに貢献したい。僕はまだまだやれると思う。まだ30歳だし、最高レベルでのプレーを続けたいんだ」と意気込んだ。

 現在30歳の同選手はリーズの下部組織出身で、2005年にトッテナムへ移籍。スピードあるドリブルを武器にサイドアタッカーとして活躍し、公式戦364試合出場、30ゴールを記録した。2015年2月からエヴァートンにレンタル移籍し、同年9月に完全移籍で加入。2017年5月にはストレス性疾患により精神病院に運ばれたが、プレシーズンには練習に復帰し、今シーズンはこれまで公式戦19試合に出場していた。

 なお、エヴァートンは17日にアーセナルからイングランド代表FWセオ・ウォルコットを、移籍金約2000万ポンド(約31億円)で獲得。同じスピードスターが加入したことで、レノンは活躍の場を求めてバーンリーに移籍することとなった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る