2018.01.20

キャリック、今季終了後に現役引退? 来季はマンUのコーチに就任か

マイケル・キャリック
不整脈からの復帰を目指しているキャリック [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、元イングランド代表MFマイケル・キャリックが今シーズン限りで引退し、その後は同クラブのコーチングスタッフに加わる予定であることを明かした。18日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在は不整脈からの復帰を目指しているキャリックについて、モウリーニョ監督が現状を明かし、将来についても次のように語った。

「彼は数カ月間トレーニングをすることもできなかった。今は、チームと一緒にトレーニングをして、2週間が経ったところだ。彼はとても重要な選手だよ。私はシーズンが終わる最後の週に引退を発表するのではなく、今発表することの方がチームにとっていい決断だと思う。また、彼にとってもケガや何か問題があることで現役を引退するわけではないことがとてもいいことだと思う」

「だから我々は全員幸せだよ。彼が考えを変えない限りは、今シーズン終了後には彼はこのクラブのコーチになると思う。クラブはそのことをとても喜んでいるよ。私も彼がそのような決断を下すことを嬉しく思っている」

 現在36歳のキャリックは、今シーズンからマンチェスター・Uの新キャプテンに就任したものの、不整脈が発覚し、今シーズンはここまでカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)での1試合出場にとどまっている。しかし、現在はトレーニングに復帰し、試合に出場するために準備を進めているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る