2018.01.18

ヴェンゲル監督がオーバメヤンに言及…ドルトムントは「敬意に欠ける。接触もない」

オーバメヤン
アーセナル移籍が噂されているオーバメヤン [写真]=TF-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 成立間近と噂されているマンチェスター・Uのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンと、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスのトレード。ここにドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンも絡んでいるため、ドイツでも注目も集めている。ドイツ誌の『kicker』や『シュポルト・ビルト』が18日に伝えた。

『kicker』誌によれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、「私は30年も移籍に関わっている。この移籍が成立する可能性は高いだろう。とはいえ、最後の1秒まで頓挫する可能性はある。それが移籍市場というものだ。移籍が成立するまで、失敗しても受け入れなければならない。保障はどこにもないんだ」と話しており、この契約が最終段階まで進んでいることを認めた。

 さらに、「まだムヒタリアンがドルトムントでプレーしていたときに、私たちはよく対戦したが、彼は私たちのプレースタイルを気に入っているはずだ」と続け、適合にも問題ないことを示唆した。同時に、「とはいえ、我々はさらに移籍市場で活発に動かなければならない」と話している。

 ストライカーの代役候補として噂に上がっているオーバメヤンについて尋ねられると、「今のところ、何も具体的なことは話せない。こういったことは秘密にしておいたほうが良いからね。一度、目に見える形になってから公にするものだよ」と前置きした上で、「強烈なキャラクターは良くもあれば、悪くもある。だが、オーバメヤンのようにすでに実績を積んだ上での強烈なキャラクターは(ピッチ上で)ポジティブなものをもたらしてくれるだろう」と言及した。

 ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はこれに反発。「他クラブの選手について話すのはリスペクトに欠ける。アーセナルからのコンタクトもない」とクラブの広報を通じて発表し、「アーセナルは自分のチームのパフォーマンスを気にする必要があるのではないか、と私たちは思うが」と皮肉を続けた。

『シュポルト・ビルト』はこの24時間以内に、マンチェスター・Uとアーセナルから発表があるのではないかと見ている。移籍市場が閉まるまであと2週間を切り、本格的に交渉がまとまりだす時期を迎えているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る