2018.01.18

サンチェス、マンU移籍なら英国史上最高額の給与に…週給約7700万円

A・サンチェス
マンチェスター・Uへの移籍が間も無く発表されるとみられているサンチェス [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが噂どおりマンチェスター・Uへ移籍を果たした場合には、イングランド史上最高額となる給与を受け取るようだ。18日付のイギリス紙『サン』が報じている。

 今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了するサンチェスは、今冬の移籍市場での退団が濃厚となっている。当初は、バルセロナ時代の恩師であるマンチェスター・Cへの移籍が有力視されていたが、現在はアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンをトレードに含める形で、マンチェスター・Uへ移籍するとされ、複数メディアが「選手との個人合意に至った」と報じている。

 そして同紙の報道によれば、マンチェスター・Uはサンチェスと4年半契約を結ぶ模様。給与の総額は1億1830万ポンド(約182億円)、週給に換算して50万(約7700万円)となり、同選手は新天地で“イギリス史上最高額”の給与を受け取るという。

 なお同紙は、モウリーニョ監督は20日に行われるプレミアリーグ第24節バーンリー戦に出場できるよう、19日正午までにサンチェスの獲得を成立させることを望んでいると報道。ただし、アーセナルはサンチェスの代役を確保できるまでは同選手の放出を容認しない考えで、ボルドーのU-20ブラジル代表MFマルコムやドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得を狙っているとされる。いずれかの選手の加入が決まらない限りは、サンチェスの移籍は認められない可能性があるようだ。

 14日に行われたプレミアリーグ第23節ボーンマス戦では、ベンチ外となったサンチェス。17日にはアーセナルの練習に参加せず、ロンドンのヘアサロンにいるところが目撃されており、移籍は時間の問題だとされている。果たして、今冬最大のビッグディールは成立することになるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る