2018.01.16

“日本の天敵”ケーヒル、W杯に向けて英2部ミルウォールへ加入か?

ティム・ケーヒル
かつてミルウォールでプレーしていたケーヒル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オーストラリア代表FWティム・ケーヒルに、イングランド2部に属しているミルウォールが興味を示しているようだ。イギリスメディア『デイリー・ミラー』が16日付で報じている。

 ケーヒルはミルウォールで1997年にプロキャリアをスタートすると、2004年にエヴァートンへ移籍するまで、241試合出場58ゴールをマークし、03-04シーズンにはFAカップ決勝までチームを導いていた。

 昨年12月6日にメルボルン・シティを退団したケーヒルは、6月に控える2018 FIFAワールドカップロシア大会に向けて新たな所属クラブを探しており、同選手の状況を鑑みてクラブはオファーを出すという。

 “日本の天敵”として知られているケーヒルは38歳を迎え、かつて活躍したクラブへ帰還するかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る