2018.01.13

マンUとチェルシー、グレミオの若き司令塔を巡りバルサと争奪戦か

アルトゥール
マンUとチェルシーが関心を持つアルトゥール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uとチェルシーが、グレミオに所属するブラジル代表MFアルトゥールへの関心を強めているようだ。12日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 アルトゥールの移籍先最有力候補はバルセロナと見られているが、同クラブはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョとコロンビア代表DFジェリー・ミナを獲得してたばかり。今冬に投じる資金面でアルトゥールの獲得に躊躇しているという。そのため、マンチェスター・Uとチェルシーはアルトゥールの獲得に向けて動き出したようだ。

 マンチェスター・Uとチェルシーにとっての好材料は、グレミオがアルトゥールをプレミアリーグのクラブに売却したいと考えていることだろう。グレミオはアルトゥールの契約解除金を4500万ポンド(約68億円)に設定しているようだが、プレミアリーグのクラブに対してはこの額を3000万ポンド(約46億円)から3500万ポンド(53億円)まで減額する構えを見せているという。

 22年ぶりに南米王者に輝いたグレミオにおいて、アルトゥールは主力として活躍している。同選手が近い将来ヨーロッパのクラブへ移籍することは間違いないと思われているが、移籍先はどのクラブになるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る