2018.01.13

リヴァプール、スタリッジ移籍容認か…契約解除金を約48億円に設定

ダニエル・スタリッジ
出場機会が限られているスタリッジ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールがイングランド代表FWダニエル・スタリッジに契約解除金を設定したようだ。11日、イギリス紙『リヴァプールエコー』が報じている。

 現在、クラブで十分な出場機会を得られていない同選手は、イングランド代表召集から遠ざかっている。同紙によると、この状況を危惧したスタリッジが2018 FIFA ワールドカップロシアに向けて代表選出を望んでいるため、出場機会を増やしたいとリヴァプール退団をクラブに訴えたという。早ければ今冬にでも移籍に向けて動くと伝えている。

 また同紙はリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督はスタリッジ残留を熱望しているがクラブ側が同選手の希望を聞き、相応のオファーがあれば応じる考えのようだと報じている。そのため、リヴァプールはスタリッジに対して契約解除金を3000万ポンド(約48億円)に設定したという。また、スタリッジはローンではなく完全移籍を望んでいると伝えた。

 インテルやサウサンプトンからの関心も噂されるスタリッジ。2014年に行われたブラジルW杯では得点も挙げているが、果たして出場機会を増やし代表入りに向けてアピールできるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る