2018.01.13

アラダイス監督、ウォルコットへ“ラブコール”「来てくれたら嬉しいね」

セオ・ウォルコット
エヴァートンからの関心が報じられているウォルコット [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンの指揮を執るサム・アラダイス監督が、アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットへの関心を認めた。同日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 「人々は私たちがセオに関心を持っていることに気付いているよね。もし彼がチームに来てくれたら嬉しいね。彼は私たちのチームに新たな風を吹かせてくれる選手だ」

 「彼は選手として様々な経験をしてきて、成熟している。エヴァートンにインパクトを与えてくれるだろう。彼は現在28歳で、キャリアのピークとなってもおかしくない年齢だ。彼のプレミアリーグでの経験が私たちにとってプラスになることは間違いない」

 ウォルコットは今シーズンのプレミアリーグでは5試合の出場、時間に換算すると1試合にも満たない74分の出場にとどまっている。出場機会を求めて移籍を希望していると報じられているが、今冬にウォルコットの獲得に乗り出しているクラブはエヴァートンだけではない。サウサンプトンやウェストハムなども関心を示しており、エヴァートンと争奪戦を繰り広げることになる模様だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る