2018.01.12

アーセナルのコクラン、バレンシア移籍決定…4年半契約締結と発表

コクラン
バレンシアへの移籍が決まったアーセナルのコクラン [写真]=Action Plus via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バレンシアは11日、アーセナルに所属するフランス代表MFフランシス・コクランを獲得し、2022年6月30日までの4年半契約を締結したと発表した。

 コクランは1991年生まれの26歳。母国フランスのクラブを渡り歩き、2008年夏にアーセナルの下部組織に加わった。2010-11シーズンはフランスのロリアン、2013-14シーズンはドイツのフライブルクへレンタル移籍。2014年11月からはイングランドのチャールトンでもプレーした。

 2014年12月にアーセナルへ復帰し、プレーを続けてきたコクラン。今シーズンはプレミアリーグ第22節終了時点で7試合の出場にとどまっていた。

 アーセナルでは公式戦通算160試合に出場したコクランが、リーガ・エスパニョーラへ初めて参戦することが決まった。なおバレンシアは同選手を他クラブへ放出する際の違約金を8000万ユーロ(約107億3000万円)に設定したことも発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る