2018.01.08

コウチーニョの影響? リヴァプールがケイタの今冬での加入を打診か

ナビ・ケイタ
ライプツィヒを牽引するナビ・ケイタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールがギニア代表MFナビ・ケイタの加入を早め、今冬に合流させることをライプツィヒに打診しているようだ。8日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 ライプツィヒはブンデスリーガ初挑戦ながら、昨シーズン2位という結果を残した。ケイタはこの躍進を支えた。今夏の移籍市場で、来夏リヴァプール移籍が内定している同選手は今シーズンもライプツィヒを牽引する活躍を見せている。
 
 同紙によるとリヴァプールはケイタの加入を半年早めたがっているようだ。その理由の1つに、先日バルセロナへの移籍が決定したブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョの後釜をみつけたいという考えがあるという。しかし、現在チャンピオンズリーグ(CL)圏内でシーズンを終え、来シーズンCL出場を目指しているライプツィヒはケイタを計算に入れているようで、実現は厳しいとみられている。また同紙は、コウチーニョの後釜にレスターのアルジェリア代表FWリヤド・マレズやモナコのフランス代表MFトマ・レマルといった名前が現在挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る