2018.01.04

英2部DFが年末宝くじで1等に当選! 獲得賞金はなんと1億円超え

プレストン
プレストンに所属するDFが大金をゲットした [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストンに所属するアイルランドU-21代表DFケヴィン・オコナーが、2017年の大みそかに母国で行われた宝くじで1等に当選し、賞金100万ユーロ(約1億3500万円)を手にしていたことがわかった。3日付のアイルランド紙『アイリッシュ・タイムズ』が報じている。

 報道によると、宝くじはオコナーの叔父であるピーダー・マーフィーさんが昨年12月14日に近所のスーパーで購入したものだという。同選手は「幸運を祈る」というメッセージとともに、祖父からその宝くじを受け取っていた。当選の知らせを受けた同選手は、元日に行われたミドルズブラとのリーグ戦後に帰郷。翌日、賞金を無事に手に入れたそうだ。

 宝くじの購入元であるスーパーの経営者は、「ケヴィンはここまで大変な道を歩んできた。プレストンやアイルランドの年代別代表でプレーする機会を得るのは大変なことで、もし私が当選する人間を選べたとしたら、彼以上の選択肢はない。彼の素晴らしい家族にとっても良いことで、この世界もまだ捨てたもんじゃないと思うよ」とコメント。旧知の仲であるオコナーの1等当選を祝福した。

 なお、同経営者は「その時は野菜を採集していたんだ。私が当選したのかと聞いたら、『いや、あなたは当選したクジを販売しただけです』とすぐに返されたよ」と語り、宝くじの運営局から連絡を受けたときのエピソードも明かしている。

 オコナーは、6日に行われるウィコム(イングランド4部)とのFAカップ3回戦を戦うため、まもなくイングランドへと帰国。束の間の里帰りとなったが、一生の思い出に残るお正月を過ごしたことだろう。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る