2018.01.01

アーセナル、1970年代以来の“赤ゲームパンツ”着用…ファンの反応は?

WBA戦で赤いゲームパンツを着用したアーセナル [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第21節が昨年12月31日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)とアーセナルが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 終了間際にPKで同点弾を許し、勝利を逃したアーセナル。アウェイゲームで着用したユニフォームの組み合わせが話題となっているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が12月31日に報じている。

 同試合では、ファーストユニフォームに赤いゲームパンツを組み合わせてピッチに立ったアーセナルの選手たち。同クラブが赤いゲームパンツを着用して試合に臨んだのは1970年代以来のことだと報じられている。

『デイリーメール』は「1978年にゲームキットを変更した」こと、「40年以上、赤いゲームパンツを着用していない」ことなどを指摘。アーセナルは青ベースのセカンドユニフォーム、そして黒を基調としたサードユニフォームを着用する選択肢も持っていたものの、いずれもWBAのユニフォームと似た色合いとなるため、ファーストユニフォームに赤いゲームパンツを着用する形で試合に臨むことになったという。

“異例の”装いで2017年の最終戦に臨んだアーセナルだが、ファンの反応は様々だったようだ。SNSでは賛否両論が飛び交い、「(白い帽子に赤いオーバーオールを着た)スーパー・マリオのようだ」といった声や、「パジャマを着ているみたいだ」という意見も。称賛する声も上がっていたようで、ファンは多様な反応を示している。

 年内最終戦、惜しくも勝利を逃したアーセナル。今後再び、赤いゲームパンツを着用して試合に臨む日は訪れるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る