2017.12.15

モウリーニョ監督、離脱中のバイリーに言及「手術の可能性もある」

エリック・バイリー
ケガにより戦線を離脱しているバイリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、コートジボワール代表DFエリック・バイリーのケガの状態について言及した。14日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 バイリーは、11月5日に行われたプレミアリーグ第11節のチェルシー戦を最後に、足首のケガにより欠場を余儀なくされている。今シーズン中には復帰する見込みではあるが、復帰時期は正確にはまだ分からないようだ。モウリーニョ監督は、同選手がどのような状態であるか次のように語った。

「悲観的にはなりたくはない。全ては医者に任せているよ。我々は今、保存治療を行っている。もし、その治療がうまくいかなければ、手術を行わなければならない可能性もある。だが、もう少し待ってみようじゃないか」

 現在23歳のバイリーは、今シーズン公式戦10試合に出場し、1ゴールを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る