2017.12.15

エヴァートン監督、去就不透明のバークリーに言及「難しい問題だ」

ロス・バークリー
去就が不透明となっているバークリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンのサム・アラダイス監督が、イングランド代表MFロス・バークリーの去就について言及した。14日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 エヴァートンとの契約が2018年6月までとなっている現在23歳のバークリーには、チェルシーやトッテナムといったビッグクラブが関心を示していることが明らかになっている。アラダイス監督は、今冬の移籍市場でどこかのクラブと合意した場合には、放出も仕方ないと考えているようだ。

「難しい問題だよ。私はまだその問題の全体について把握はしていない。それに私にできることは何もないよ。もし1月中に彼がクラブとの契約延長に応じず、どこかのクラブと合意し、クラブが放出を認めた場合には、私は認めなければならない」

 一方で、アラダイス監督は、クラブと新たな契約を結ばなくても、ケガが回復した場合にはバークリーを起用することを考えていることを明かした。

「もし、彼が今シーズン最後までここに残り、チームの力になることができるなら、来夏フリーになったとしても起用するよ。そうなることは嫌いだが、私はそうするよ。ハムストリングの状態は悪かったが、復帰には近づいていると思う」

 バークリーは、そけい部のケガにより、今シーズンはいまだ出場できていない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る