2017.12.11

マンC、ダービー制し早くも独走態勢…主将・吉田はフル出場、岡崎は決勝OG誘発/プレミア第16節

サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第16節が9日と10日に各地で行われた。

 今節で最も注目が集まったのは首位マンチェスター・Cと2位マンチェスター・Uの“マンチェスター・ダービー”。敵地に乗り込んだマンチェスター・Cがスペイン代表MFダビド・シルバのゴールで先制し、マンチェスター・Uはイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが試合を振り出しに戻す。後半にアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディのゴールで勝ち越したマンチェスター・Cが試合を制し、マンチェスター・Uとの勝ち点差を「11」に伸ばした。

オタメンディ

オタメンディが決勝ゴール [写真]=Getty Images

 同日に行われたもう1つの注目試合、リヴァプールとエヴァートンの“マージーサイド・ダービー”は1-1の痛み分け。両チームのキープレーヤーであるエジプト代表FWモハメド・サラー、元イングランド代表FWウェイン・ルーニーがそれぞれゴールを決めた。また、3位チェルシーは降格圏内に位置するウェストハムに敗戦。デイヴィッド・モイーズ監督にウェストハム監督就任後初勝利を献上した。

 FW岡崎慎司が所属するレスターはニューカッスルと対戦。ベンチスタートだった岡崎は2-2の状況でピッチに立つと、86分にオウンゴールを誘発し、逆転勝利に貢献した。サウサンプトンに所属するDF吉田麻也はアーセナル戦にキャプテンマークを巻いて先発フル出場。試合はサウサンプトンが開始早々に先制し終盤までリードを保ったものの、88分にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーに同点弾を許し、1-1の引き分けに終わった。

頭部から流血も包帯を巻いてプレーを続けた岡崎 [写真]=Action Plus via Getty Images

 プレミアリーグ第16戦の試合結果と現時点の順位表は以下の通り。

■プレミアリーグ第16節結果
▼9日開催
ウェストハム 1-0 チェルシー
バーンリー 1-0 ワトフォード
クリスタル・パレス 2-2 ボーンマス
ハダースフィールド 2-0 ブライトン
スウォンジー 1-0 ウェスト・ブロムウィッチ
トッテナム 5-1 ストーク
ニューカッスル 2-3 レスター

▼10日開催
サウサンプトン 1-1 アーセナル
リヴァプール 1-1 エヴァートン
マンチェスター・U 1-2 マンチェスター・C

■プレミアリーグ第16節順位

1位 マンチェスター・C(勝ち点46)
2位 マンチェスター・U(勝ち点35)
3位 チェルシー(勝ち点32)
4位 リヴァプール(勝ち点30)
===========CL===========
5位 アーセナル(勝ち点29)
===========EL===========
6位 トッテナム(勝ち点28)
7位 バーンリー(勝ち点28)
8位 レスター(勝ち点23)
9位 ワトフォード(勝ち点22)
10位 エヴァートン(勝ち点19)
11位 サウサンプトン(勝ち点18)
12位 ハダースフィールド(勝ち点18)
13位 ブライトン(勝ち点17)
14位 ボーンマス(勝ち点16)
15位 ストーク(勝ち点16)
16位 ニューカッスル(勝ち点15)
17位 ウェスト・ブロムウィッチ(勝ち点13)
===========降格==========
18位 ウェストハム(勝ち点13)
19位 スウォンジー(勝ち点12)
20位 クリスタル・パレス(勝ち点11)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る